良い人生を送るために読むといい本ー後編ー

●完璧な人間などいない、というのはウソ。すべての人間は最初から完璧である
●人は一人でも生きられる。生きる上で必要なものは何もない
●人生でやるべき事は一つもない。人生では何もしなくてもよい
●生活の為に苦労をしてはいけない。生きる事を大変だと捉える価値観がひどい人生を生む
●人生では何が起こるか分からないというのは間違い。それは考えている通りに進むもの
●人は死んでも終わらない。日常では、生きる事を考えるのではなく、どう生きるのかを考えるべき

人生や人間関係に悩む人達はこのような考え方を知りません。この本は人生に疲れきった人達に力を与えて立ち上がらせます。人間にとって役に立たない価値観を終わらせる内容が多く書かれています。人生に悩む全ての人へと贈る本の後編です。

人間関係と人生についてスピリチュアルな面からのアプローチによって悩みの解決を図るめずらしい本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする